FC2ブログ

フライング・レッグ

いい天気♪

連休も今日で終わり(T_T)
何て早い3日間(ToT) 20秒ぐらいで終わってしまった感じがする。
今年もあと少し。明日からまた、馬車ウマの如く頑張ろうp(^-^)q

さて、世の中便利になったもんですな。
知りたい情報はネット、連絡はメールでリアルタイムに行えちゃいます。スピード化の雨あられです。コワイです。

しかし、世の中、一足飛びでここまで進歩したワケではない。遡ること、百数十年。世の中がまだチョンマゲだらけだった頃、『飛脚』なる職業の人達が日本の情報通信を担ってきた。

『飛脚』・・・飛ぶ脚・・・フライング・レッグ・・・エライ大風呂敷を広げたものである。

それはさておき、この仕事、かなり大変だったのではなかろうか? 
当時はマトモな地図なんかなかったはずで、迷子になることもあったはずだ。
道はもちろん舗装なんかされていない。道とは言えないようなところもあっただろう。そんな道を草鞋で走り回るのである。すぐに履きつぶしただろうし、コケて思いっきり捻挫した日もあっただろう。
骨折なんかしてしまったら、もう目も当てられない。いきなり廃業の危機である。
野犬とか熊に追いかけられたり、強盗に襲われたり、暗殺されたり・・・かなり危険がイッパイだったんじゃないだろうか。
ちょっと茶店で休憩してたら、通行人に、

「また○○さんとこの飛脚サボってるで」

とか言われたりして、おちおち休憩もしていられない。
で、しゃあなしで走り出したら、後から他の飛脚に抜かれ、何となく闘争心に火がつき、そこから抜きつ抜かれつのデットヒートを展開してしまったり・・・。
で、そこそこ走ってる最中に、さっきの茶店で財布忘れてきたことに気づき、慌てて引き返すハメになったり・・・。
汗ビチャビチャで茶店に戻り、財布のことを尋ねたら、

「そんなん知りまへんで」

とか言われて途方にくれたり・・・。
とにかく、大変である(^^;

しかし、タクの運ちゃんがおいしくて安いメシ屋に詳しいように、飛脚も全国各地のええ宿とかに詳しかったんじゃないだろうか。

「今日はあそこの宿に泊まって、アレ食べよう♪」

とか、飛脚ならではの楽しみもあったはずだ。

でも、一日中走り回って、ヘトヘトになって、今日はここでと泊まろうとした宿に

「ここの宿ってオバケ出るらしいで」

・・・「うそ~ん!!」

一日中走り回ってヘトヘトやのにオバケて(ToT)
疲労も手伝って、思いっきり金縛りになっただろう。キツすぎる(TOT)

しかし、私が一番納得いかないのは、
sagawakyulogo.jpg

この、竿みたいなヤツ。
何で、こんな機能性の低いもんなん? 人通りの多いとことか、時には道なき道を行かんとアカンようなケースもあったやろうに、何でコレ? もうちょっと、装備を工夫できんかったものだろうか? こんなん肩に担いで一日走ったら、肩擦れて血ぃ出るがな。何より、ジャマやし。飛脚業界はもうちょっと従業員のことを考えてやるべきである。

う~ん、もっと飛脚を語りたいところだが、私の眠気もハンパではない。
これ以上頑張ると、オバケが出そうなので寝ます♪
スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

ホンマまやね☆飛脚にとって便利そうじゃないよね。
今は便利になったな~
その分、人間としての感受性が失われつつあるように思うな~(;_;)でも☆昔に生まれなくて良かったと思う(^^ゞ複雑じゃ★

おそらくてこの原理を利用してるんやろうなぁ。
でもきっとその竿も現在のデコトラのように飛脚それぞれで見栄え良く、そして使いやすくカスタムしてるで。

竿先にフリンジ付けたり、小座布団みたいなんついてるって、間違いない。

>あゆっちさん
時々、携帯とか捨てたくなりますけど、待ち合わせしてる時とかは何て便利でカワイイやつなんだと思ってしまう・・・ビバ☆文明

>トモミさん
カスタマイズは日本人の十八番☆
さぞかし、バリエーションに富んでたことでしょう。
でも、中に何入ってたんやろ? 実は手紙とかは懐に入れてて、箱の中はチキンラーメンとか入ってたらおもろいのに(^^)
プロフィール

白帯

  • Author:白帯
  • 大阪在住30代。
    高所恐怖症と記憶力と体力の低下に悩む永遠の学生。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)