スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメだ~(TOT)

眠い。

DVDをコピってみようとトライしたものの、強力なガードに阻まれ、全然うまくいかず(;_;)
欲しい人はガードの外し方を教えなさい。

治ったと思って油断してたら、唇パックリも復活。何でや?(-_-メ)
オッサンになって、乾燥にすこぶる弱くなったようだ。

んん~~~、アカン、眠い。

・・・あっ、こんなニュースが♪

府警保安課と淀川署は28日、大阪市淀川区十三東3のストリップ劇場「十三ミュージック」の経営者、藤本秀樹容疑者(57)と従業員やストリッパーら計19人を、公然わいせつ容疑などで現行犯逮捕した。
調べでは、藤本容疑者らは28日午後0時15分ごろから約40分間、十三ミュージックの舞台上で、観客約20人に対して、オープンショーと称して、ストリッパーの陰部を露出させるなどのわいせつ行為を見せた疑い。

・・・結論

俺が許す!

以上! ねるっ!
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

観るって!

う~ん・・・忙しいじゃないの(T_T)
FA宣言をしてから、はりきり過ぎた。ごっつしんどいやん(+_+)

昨日は帰宅するなり寝込んでしまった。
今日は・・・

51P4TaUWtPL._AA240_.jpg

DVD買いました(^^)v
やっぱし、松本氏のコント(映画やけど)は大好き♪

今から観るので、今日は以上ですm(_ _)m
ザッツ・オ~ルです。

明日はちゃんと書きます。ホントに・・・(^^;

theme : 日記
genre : 日記

フライング・レッグ

いい天気♪

連休も今日で終わり(T_T)
何て早い3日間(ToT) 20秒ぐらいで終わってしまった感じがする。
今年もあと少し。明日からまた、馬車ウマの如く頑張ろうp(^-^)q

さて、世の中便利になったもんですな。
知りたい情報はネット、連絡はメールでリアルタイムに行えちゃいます。スピード化の雨あられです。コワイです。

しかし、世の中、一足飛びでここまで進歩したワケではない。遡ること、百数十年。世の中がまだチョンマゲだらけだった頃、『飛脚』なる職業の人達が日本の情報通信を担ってきた。

『飛脚』・・・飛ぶ脚・・・フライング・レッグ・・・エライ大風呂敷を広げたものである。

それはさておき、この仕事、かなり大変だったのではなかろうか? 
当時はマトモな地図なんかなかったはずで、迷子になることもあったはずだ。
道はもちろん舗装なんかされていない。道とは言えないようなところもあっただろう。そんな道を草鞋で走り回るのである。すぐに履きつぶしただろうし、コケて思いっきり捻挫した日もあっただろう。
骨折なんかしてしまったら、もう目も当てられない。いきなり廃業の危機である。
野犬とか熊に追いかけられたり、強盗に襲われたり、暗殺されたり・・・かなり危険がイッパイだったんじゃないだろうか。
ちょっと茶店で休憩してたら、通行人に、

「また○○さんとこの飛脚サボってるで」

とか言われたりして、おちおち休憩もしていられない。
で、しゃあなしで走り出したら、後から他の飛脚に抜かれ、何となく闘争心に火がつき、そこから抜きつ抜かれつのデットヒートを展開してしまったり・・・。
で、そこそこ走ってる最中に、さっきの茶店で財布忘れてきたことに気づき、慌てて引き返すハメになったり・・・。
汗ビチャビチャで茶店に戻り、財布のことを尋ねたら、

「そんなん知りまへんで」

とか言われて途方にくれたり・・・。
とにかく、大変である(^^;

しかし、タクの運ちゃんがおいしくて安いメシ屋に詳しいように、飛脚も全国各地のええ宿とかに詳しかったんじゃないだろうか。

「今日はあそこの宿に泊まって、アレ食べよう♪」

とか、飛脚ならではの楽しみもあったはずだ。

でも、一日中走り回って、ヘトヘトになって、今日はここでと泊まろうとした宿に

「ここの宿ってオバケ出るらしいで」

・・・「うそ~ん!!」

一日中走り回ってヘトヘトやのにオバケて(ToT)
疲労も手伝って、思いっきり金縛りになっただろう。キツすぎる(TOT)

しかし、私が一番納得いかないのは、
sagawakyulogo.jpg

この、竿みたいなヤツ。
何で、こんな機能性の低いもんなん? 人通りの多いとことか、時には道なき道を行かんとアカンようなケースもあったやろうに、何でコレ? もうちょっと、装備を工夫できんかったものだろうか? こんなん肩に担いで一日走ったら、肩擦れて血ぃ出るがな。何より、ジャマやし。飛脚業界はもうちょっと従業員のことを考えてやるべきである。

う~ん、もっと飛脚を語りたいところだが、私の眠気もハンパではない。
これ以上頑張ると、オバケが出そうなので寝ます♪

theme : 日記
genre : 日記

ムチャクチャ

連休中日。いい天気。
バイトをして、あとは街をブラブラ♪
途中、本屋に寄り、本を探す。あれこれと手にとって読んでいるうちに、気がつけば4時間経過(^_^;
本屋大好き♪ ジュンク堂は座り読みOKなので、一日中でも過ごせる。最近、勉強に関する本以外は読んでいなかったので、色々と読み漁る。う~ん、充実(^^)v

で、帰宅後、ネットを見ていたら、おバカな事件を発見。

『インドで悲劇! ハゲがばれ、結婚キャンセル&財産奪われる!』

『婚約者に頭がハゲていることを秘密にしていたインド北東部アッサム州の病院勤務の男性(33)が、結婚式の約1カ月前、秘密を知った婚約者らに殴られた上に財産を持ち去られた。
高価なかつらをはぎ取って引き裂き、ののしりながら男性をたたく婚約者。怒り心頭の婚約者の家族も加わり“罰”として男性の財布やバイクなどを奪った。
警察は事件としては扱っていないが、12月の結婚式はキャンセルされたようだ。』

・・・ムチャクチャやん。メッチャ怒ってるし(^_^;
今までヅラがバレてなかったのに、何でここでバレたん? それが気になるわ。
で、まぁ、今までヅラに気がつかなかった自分のウカツさやら恥ずかしさやらで、とりあえず、男をシバいたヨメの気持ちは解らないでもない。
しかし、このヨメの家族は・・・罰として財布とバイク没収て(^^; 何でそうなるねん。
その現場、ナマで見てたら、メッチャおもろかったやろなぁ・・・。

ヨメ:「アンタ、ヅラやったんかいな?!」
男:「・・・しゃあないやんけ! ワシも好きでやっとるワケやあるかい!」
ヨメ:「何やのん、コレ!」
男:「アホ! 返せ! それ高いねんぞ!」
ヨメ:「(クンクン)・・・うわっ! クサッ!」
ヨメ:「アンタ、これ、クサイやないの!!」

ビリッ! ビリビリビリッ!

男:「ノォォォォォ~~~~!!」
ヨメの父:「アンタ、よ~もまぁそのアタマでウチの娘をイチビってくれたなぁ・・・」
男:「そっちが勝手に勘違いしただけですやん!!」
ヨメの父:「じゃかましわっ!」
ヨメの父:「とりあえず、持ち合わせ置いていけ」
男:「何でそうなりますのん?!」
ヨメ:「ウチをダマすからやないのっ!」
男:「せやから、別にダマして・・・」

ビッタ~~~ン!!

ヨメ:「グタグタ言うてんと、持ち合わせ置いていき!」
男:「・・・グスッ(T_T)」
ヨメの父:「オマエ、こんだけしか持ってないんか?!」
男:「・・・・・」
ヨメの父:「カァ~ッ! しみったれとるのぉ!」
ヨメの父:「しゃあない、バイクももろとけ」
男:「・・・えっ?!」
男:「それはカンベンしてくださいよ! 僕、家帰れませんやん!」
ヨメの父:「知るかぁっ! 走って帰れ! ハゲッ!」
男:(シクシクシク)

・・・こんな感じか。男、哀れにも程があるやろ。もう、仏門にでも入るしかないね。
まぁ、こんな女のことはとっとと忘れろ。そして、次はもっと高性能のヅラを装着していこうぜ!(^.^)b

・・・まぁまぁ、もうこんなもんでいいでしょ。
ザッツオ~ルです。ハイ(^^)/^^^

theme : 日記
genre : 日記

山田洋行

寒い。
朝起きるのが思いっきり苦痛になってきた。
布団から出る時に泣きそうになる(T_T)

リップの威力は絶大だ。唇パックリがかなり治まってきた\(⌒◇⌒)/
しかし、唇テッカテカである。焼きそば食った後みたいになっている。何とかならんものか。

ところで皆さん、知ってました?
「山田洋行」
今、防衛省の利権問題で話題の、武器専門商社ですよ。
この事件が話題になってしばらく経つが、私はずっと「山田洋行」のことを

「やまだひろゆき」というオッサンだと思っていました(^_^;

ナゼかこのニュースだけは、キチンと見ても聞いてもいなかったので・・・テヘッ(^_^ゞ

・・・イヤイヤ、あぶないあぶない。人前で口にしなくて良かったと心底思っているところである。こんなことを口にした日にゃ、面目丸潰れである。せっせと築いてきた地位が台無しである。半永久的にバカ呼ばわりされること確実である(;^_^A

皆さんも、注意しましょうね(^.^)b

布団の誘惑に勝てそうにないので、寝ます♪

theme : 日記
genre : 日記

プロ野球ドラフト

寒いやないの(T-T)
私は冬が大キライである。とりわけ、朝が大キライである。
冬の唯一の幸せはヌクヌクの布団で眠ること。逆に、最大の不幸はその布団から出なければならないこと。
つまり、一日が最大の不幸から始まるのである。これが、あと4ヶ月ぐらい続くのである。
それ以外にも、ヒザは痛むわ・・・肩は凝るわ・・・口の端切れるわ・・・ええことナシである。
口の端はエンドレスにパックリ状態のままなので、とうとうリップを塗ることにした・・・唇、テッカテカである。35のオッサンなのに、テッカテカである。それもこれも、冬のせいである。やっぱり、冬は大キライである。

それはさておき、今日はプロ野球の社会人/大学生ドラフトがあった。
日本国家の癌細胞ことナベツネ考案の逆指名制度が撤廃され、15年ぶりにクジでのドラフトとなった。阪神の1位は東洋大の大場君・・・ハズレ(T_T)
で、福岡大の白仁田君を単独指名で獲得!
・・・・・大変申し訳ないのだが、誰? この子。今年のドラフト有力選手だったのか? 1位で獲らなければならない選手だったのか? 単に私が勉強不足で知らなかったということであってほしい。頑張って活躍してほしい。阪神のドラ1単独指名の選手は、まぁ~~~活躍しない。白仁田君はこの歴史をぜひ覆してほしい。

いい選手には複数の球団が獲得の意思を見せる。当然、競合となり、クジによって指名権を獲得するのだが、第1希望・・・スカ。第2希望・・・ここでも競合となり、スカ。第3希望・・・単独で指名権獲得。というようなケースでは、指名された子も素直に喜べないだろう。

スカウト:「キミが必要だ。ぜひウチに来てほしい!」

と言われても、指名された子は、自分に告白しに来る前に、自分の目の前で、2回もフラれてるのを見ているのである。これはキツイ。エエ感じで

指名された子:「よろしくお願いします!」

とは言えないだろう。
本音で言えば、

スカウト:「他の女の方がよかってんけど、もう彼氏いてるらしいから、しゃあなしでオマエと付き合うわ」

と言われてるようなもんである。これはキビシイ。傷つくで。
こういうことにならないためにも、やっぱりドラフトは完全ウェーバー制(弱い球団から順に指名していく制度)にするべきだと思うのだが・・・ボケてるのに、誰もボケと突っ込んでくれないから延々とボケ続けているナベツネが完全に死なない限り、中途半端なドラフト制度が続くだろう。今回のドラフトで、キョジンは2回フラれたから、来年は逆指名制度の復活をわめき散らすだろう。死んだらええねん。

でも、最近のドラフトでは、みんな指名された球団に、心中はどうあれ、笑顔で入団していく。こういう選手は好感が持てるし、応援しようという気にもなる。楽天に指名された長谷部君にはぜひ頑張ってもらいたい。

寝よ♪

theme : 日記
genre : 日記

エンドレス

今日からコメントを返すようにしました。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

眠いのでちょっとだけ。

今朝、朝食を食べていたら、口の端が

ビリッ・・・・・( ̄□ ̄;)!!

・・・・・裂けた(TOT)

冬場にはよくなるのだ。乾燥してるんかな。

で、一回こうなると、メシを食ったりアクビをしたり・・・
とにかく、ちょっと口を開けるたびに裂けるのだよ口の端がぁぁぁぁぁ(`□´)
アカン、腹立ってきた(`´メ)

てか、コレ、終わりあるのん? エンドレスやん。
毎年、どうやって治してたっけ?

・・・アカン眠い。明日考えよ(_ _).。o ○

theme : 日記
genre : 日記

あほ。

え~天気♪
いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

こんな記事がありました。

「33歳男性が犬と結婚!」

・・・?
何でも、インド人のおっさん(33)が、18歳の時に交尾中の犬2匹を殺して木に吊るすという、非人道的な行為を行った。数日後、脳卒中を発症して腕や足は動かなくなり、片耳も聞こえなくなるという、悲しいことになってしまった。

犬殺しのオッサン:「犬のたたりやったらどないしょ・・・」

怖くなって占い師に相談したら、

占い師:「それアンタ、犬の呪いやで」
犬殺しのオッサン:「マジっすか?!」
占い師:「呪いを解きたかったら、雌犬と結婚せなアカンで。アンタ」
犬殺しのオッサン:「マジっすか?!」

占い師の雑な占いに何の疑問も抱かず、行動力抜群の犬殺しのオッサンは、早速ええ感じの野良犬を探し出し、結婚式を挙げた。

20071114-00000104-jij-ent-view-000.jpg

・・・う~ん。
コメントのしようが無い。
強いて言えば、アホである。
かんっっっっっっぺきにアホである。
人生楽しいやろなぁ。

ちなみに、犬殺しのオッサンは

「死ぬまで面倒みます!! マジでみるって!!

と越中詩郎っぽく永遠の愛を誓った。
・・・当たり前じゃ!
これでこの犬捨てたり殺したりしたら、どんなバチが当たるねん(^^;
ちなみに、雌犬は式の最中にずっとパンを食べていたという。
まぁ、しゃあないわな。野良やし(^^;

インドでは動物との結婚はそないに珍しいことではないそうで、最近もヘビと結婚した幼女がいたそうだ。
・・・親、ナゼ止めない?

私もこれぐらいアグレッシブならば、すぐにでも結婚できるのだろうが・・・(ToT)

・・・ねる♪

theme : 日記
genre : 日記

思い出し笑い

寒くなってきた。
暦の上ではとっくに冬である。そう考えると、これでもまだまだ暖かいぐらいだ。

コメントくださった皆様、ありがとうございますm(_ _)m
くれぐれも風邪なんかをひかないようにしてくださいね(^.^)b

今日は患者さんの流れがよく、スイスイ~っと終わった♪
受付終了時間と同時に治療所を閉めて帰れるなんてあまりないことだ。
上機嫌で駅に着くと、阪和線が踏切の故障か何かで思いっっっっきり遅れている。
何やねん(`´) この電車を乗るようになって久しいが、
まぁ~遅れる。しょっちゅう遅れる。発展途上国か
結局、30分ほど待たされるハメに。最低だ。これだったら、働いてた方がマシだった。
で、待っている間、寒いので温かいコーヒーでも飲もうと販売機で「ボス」を買う。
「ボス」のおっさんマークを見ていると、どうしても昔のことを思い出して笑ってしまう。

7年ほど前、仕事中に高校の友人から電話があった。その電話の内容は衝撃的で、
「Hが亡くなった」ということであった。Hとは卒業してからは友人の結婚式で会うぐらいだったが、それでも一緒に青春時代を過ごしたチームメイトが亡くなったということは当時の自分には大きなショックだった。
翌日、お通夜へ。葬儀会場近くの駅に着くと、大勢の同級生や後輩がいて、特に待ち合わせをしたわけではないにもかかわらず、総勢40名ほどで会場へ向かうこととなった。久しぶりに会うにもかかわらず、皆、ほとんど口を聞くことなく会場へ。
会場に着くと、後輩が

後輩:「Hさんてあんなんでしたっけ?」

何を言ってるのかと思って遺影を見ると、ぜんっっっぜん知らない男の写真が飾られていた。

私:「誰やあれ?」

皆の頭の上にもハテナマークがいっぱいだ。誰なんだコイツは?

友人:「あー! おったおった! おったやん!」
友人:「ホラ、同姓同名で」
友人:「1年の時、同じクラスやったやん!」

あっ・・・そう言えば・・・
そう、いたのである。まっっったく存在感の無い、もう一人のH君が(^^;

何でこうなってしまったのかという細かい経緯は、長くなりますので、
割愛させていただきますm(_ _)m

で、全く縁のない人間ではないので、とりあえずは手を合わせ、会場を出る。
まだ到着していない仲間もいるので、彼らと合流してどこかに飲みに行こうということになった。
彼らの到着を待っていると、H君のお母さんが

H母:「あの、失礼ですけど、どちらの方ですか?」
私:「高校の同級生です」
H母:「そうですか! お忙しい中、ありがとうございます。どうぞ、こちらへ。」

と、会場となっている、公民館のようなところの2階へ通された。

H母:「どうぞ、召し上がってください」

ちょっとしたおつまみや、ビールなんかを出してもらった。
とりあえず、ここで到着していない仲間を待つことにした。
実際に、人ひとりが亡くなっているので、不謹慎なのだが、それでもチームメイトの「H」が亡くなったわけではないということで、私達はテンションが上がってきて、大勢のチームメイトが久々に集まったということもあり、早く皆で飲みに行きたくなった。
もうここ出よかとなった時に、H君のお母さんが上がって来て、

H母:「皆さん、本当に今日はありがとうございます」

そこから、H君のエピソードやなんやらかんやらと話始めた。
その表情は息子を喪った悲しみとそれを隠そうとする笑顔の入り混じった、
複雑で、痛々しいものだった。
お母さんの話は続く・・・5分経過・・・10分経過・・・15分経過・・・20分
全員:(オイオイ、長いぞ)
お母さんは手酌でビールを飲みながら、グダグダになってしゃべり続けている。
全員:(誰か、誰か、「そろそろ僕らこの辺で・・・」って言うてくれ!)
もうカンベンしてくれという空気が充満した時、お母さんが

H母:「うわぁぁぁぁぁっっっっっ!!!」

と大声で泣き始めた。そして、泣きながら

H母:「でもね、この子はね、この若さでこんなことになってしまいましたけど、本当に幸せな子やと思うんです。こうやって、こんなに大勢の友達に見送られて、本当に幸せな子やと思うんです。」

それを聞いて、私達も、
(勘違いやったとは言え、来てよかったな)
(これから遊びにいくことばっかり考えて、不謹慎やったな)
とか思っていた。
私も少し涙ぐんでしまった。

H母:「そうなんです。この子は本当に幸せな子なんです。この間もね、この子ね・・・」

H母:「ボスジャン当たってやったしね!!」

私:(・・・・・ん? ボスジャン? 今、ボスジャンて言うた?)
私:(ってことはH君の幸せランキング
1位:皆に見送ってもらったこと
2位:ボスジャン当たったこと
・・・プッ
私:(イカン! 笑けてきた! ・・・・・・・そう、これは聞き間違いに決まってる! 耐えろ!)
・・・・・何とか耐えることができた。
私:(あぶなかった~。何でボスジャンて聞こえてんやろ? こんな場で、不謹慎にも
ほどがあるわ)
と思って顔を上げると、
友人達:(・・・プルプルプル・・・)
全員、笑いをこらえている!
私:(イカ~ン! やっぱり聞き間違いちゃうやん!)
また笑いのビッグウェーブが押し寄せてきた。
私達はお互いがお互いを目でけん制しながら、
(笑うなよ、オマエ笑ろたら、ワシ、絶対笑ろてまうやんけ)
何とか全員笑いをこらえることができた。

友人:「あの~僕らそろそろこの辺で・・・」
友人:「最後に、もう一回手を合わさせてもらっていいですか?」
全員:(おっ、ナイス)

1階に下りて、手を合わせる。

H母:「この子の顔見たげて下さい。キレイな顔してやるんですよ。」

パカッと棺桶の顔のところの扉を開けると、ナゼか右の鼻から綿が出ていた。

全員:(・・・・・・・プッ

もう、ほとんどダッシュで会場を後にした。で、その後は全員しばらく笑いが止まらなかった。
不謹慎なことは重々承知だが、あれは誰でも笑う。あれはイカン。反則だ。

以来、ボスのマークを見るたびに、ついつい笑ってしまうのだ。

しかし、高校の時は笑いどころか、ほとんどしゃべった記憶すらないH君が、最後の最後で全員を笑いの渦に叩き込むとは・・・(^_^;
H君、私達は君のことを忘れないよ。っていうか、忘れようがないよ

・・・この話は雰囲気が伝わりにくいなぁ。文章にすると、大して面白くないかも。
それもこれも、阪和線が遅れるからである。30分早く帰っていれば、もっとエエ感じの爆笑エピソードを提供することができたのだが・・・残念である。

寝る(_ _).。oO

ザッツ、オ~ル!

theme : 日記
genre : 日記

どうするつもりだ?

寒いじゃないの(T_T)
皆さんもカゼなどひきませんように(^.^)b
と・く・に、コメントをいただいた皆さんは気をつけてくださいね♪

先週末の話。
仕事帰り、環状線天王寺駅のホームで電車を待っていると
ガッ、ガッ、ガッ、ガッ、ガッ
凄い勢いで足音が近づいてきた。
ヒールっぽい足音だったので、何じゃこのオンナ? と音の方向を振り向くと、
まぁ~絵に描いたような、ベッタベタのオカマが猛ダッシュでホームを走り抜けて行った・・・何なんだ?(^^;
追跡する者もいなかったので、事件性はなかったのだろう。

別に、他人様に迷惑をかけているワケではないので、個人的には全然どうでもいいのだが、こういうオッサンを見ると、もし、この姿を身内に見つかったらどうするつもりなのだろうかと思ってしまうのだ。

例えば、下着女装趣味のオッサンが、カッターシャツの下に女性の下着なんかを着用している時に、事故に遭って、心肺停止状態になったとしよう。
到着した救急隊が心臓に電気を当てようとシャツの胸を開いたらそこにはブラジャー・・・もし私が救急隊員だったら、コイツの命を救おうというモチベーションは相当に低下することだろう。もう作業中はずっと半笑いである。良くても苦笑いだ。
それでも何とか応急処置をして病院に運び込み、緊急手術となったとしよう。ドクターが服を脱がせたら、やっぱりブラジャー・・・もし私がドクターだったら、マジメに手術ができる自信がない。やはり半笑いでの作業となるだろう。
で、手術が失敗して死亡となり、残された家族が病院の死体安置室でオヤジと対面した時、やっぱりオヤジがブラジャーを着用してた日にゃ、ええテンションで悲しめないだろう。やはり半笑い・・・イヤ、ここは苦笑いか。
侍はいつ死んでも恥ずかしくないように、下着だけはいつも真っ白のものを着用していたそうだ・・・ウソっぽいが。まぁ、ウソだったとしても、建前上はウンコの付いてるようなフンドシをしたまま死んではいけないとされていた文化の国の男が、ナンボ好きでもブラジャー着用で死んではいけない。
女装趣味のオッサンはくれぐれもこの点に気をつけて、是非、ワンランク上の女装のオッサンを目指してほしい(^.^)b

う~ん、もっとエエ感じで書くつもりだったが、猛烈に眠くなってきた。もうダメm(_ _)m.。oO
おやすみなさい(_ _)zzZZ

ザッツ、オ~ル!

theme : 日記
genre : 日記

ある芸人さんの話

今日は前の職場の後輩、真方君の試合の応援へ。
・・・判定に関しては不満だらけだが、こんなところでグダグダ言っても仕方がない。
しかし、納得いかんな( ̄^ ̄)

こんな時は自分発信の話はやめて、ある芸人さんの話をしよう♪

ある芸人さんが体調を崩して入院をした。
ある時、喫煙室で休憩していると、同部屋の長老的なオッサンが入って来た。
そこで雑談をしていると、

長老のオッサン:「にーちゃん、この病院には変わったヤツが入院しとるねん」
芸人さん:「変わったヤツて?」
長老のオッサン:「カニのオッサンいうねん」
芸人さん:「カニのオッサン?
長老のオッサン:「まぁ、見といてみ。もうすぐ来よるわ」

しばらくすると、点滴をぶら下げたオッサンが入ってきた。

長老のオッサン:「アイツや」
芸人さん:「あれがカニのオッサン?」

カニのオッサン:「・・・」

カニのオッサンは2人に目をくれることもなく、立ったまま窓の外の景色を眺めている。

芸人さん:(別にカニに似てへんけどなぁ・・・)

そのうちに、カニのオッサンが窓の外を眺めながら

カニのオッサン:「カ・ニ・カ・ニ・カ・ニ
芸人さん:「?」

窓の外を見ると、電飾の看板があり、そこに「カニ」の文字が交互に「カ」「ニ」と点滅している。

芸人さん:(これを毎日声出して読んどるだけかいな)

看板:カ・ニ・カ・ニ・カ・ニ
カニのオッサン:「カ・ニ・カ・ニ・カ・ニ
看板:カ・ニ・カ・ニ・ニ・カ
カニのオッサン:「カ・ニ・カ・ニ・ニ・カ・・・?
カニのオッサン:ニ・カ?!
カニのオッサン:ブクブクブクブク・・・・

カニのオッサンはを吹いて倒れた!

芸人さん:「ええーーーーーっ!!」
長老のオッサン:「な?! カニやろ?!」

そこへ看護婦さんが入ってきて、

看護婦さん:「あーもぅ、看板見たらアカンて言うてるやないの!!」

カニのオッサンはその場で処置をされて病室に運ばれて行った。

後でわかったことだが、カニのオッサンはてんかん持ちで、てんかん持ちの人は点滅するもので発作を起こすことがあり、また、リズムが崩れて混乱するとパニックになって発作を起こすこともあるらしい。
電飾の看板の点滅のリズムが「カ・ニ」から「ニ・カ」に変わった瞬間、発作を起こすらしい。毎日・・・(^^;

う~ん、このオッサン超見たい♪ しょーもないコントより、よっぽどおもろいやんか(^^)
皆さんも、おもろいオッサンの話あったら教えてくださいm(_ _)m

ザッツ、オ~ル!!

theme : 日記
genre : 日記

模様替え♪

リニューアルしました(^^)v
この季節にピッタリのフォームです♪
携帯でご覧になられている方はわからなくて残念ですが・・・(T_T)

今回はコメントが4つヽ(=⌒▽⌒=)ノ
みなさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
頑張って更新していればコメントも増えるのね☆
目標5つ。ご協力よろしくお願いします♪

明日はテストがあるので、ちょっとだけ。

出窓ってご存知ですよね? なかなかオシャレなもんです。
あれは実は中世のヨーロッパが発祥であり、その原型は、何とトイレ
・・・トイレというのは正確ではないか。
当時はトイレなんか無く、立ちション・野グソは当たり前。
早い話、
全員、もれなく野良であった。
家でした時は、窓から外に捨てていたそうだ・・・ヤクザやん(^_^;
で、どうせ捨てるんやったら、ダイレクトに窓の外にしたらええがなという、
ダイナミックな発想の持ち主
が出現し、それが一般的となった。
しかし、窓の外にケツを出すのはちょっと・・・という人々も出現し、
エレガントな排泄方法
について議論が交わされるようになる。
そこで、出窓の下をくり抜いて、そこからケツだけを出して排泄するという、極めて合理的且つ画期的な方法が開発され、センセーションを巻き起こすこととなる。

どーですか? 明日からは出窓から見える景色がいつもとは変わって見えるのではないでしょうか?

まぁ、何というか、アレですな。
コイツら、全員、ハトですな。

そういうことです。ハイ。着地失敗したことぐらい、わかってますよ。ええ。
もう勉強するので、このへんで。ハイ。

ザッツ、オ~ル!!

・・・コメントちょうだいね(^.^;)b

theme : 日記
genre : 日記

漢(おとこ)

11月やというのに、暖かいね。
明日は立冬。今日より暖かいらしいが(^_^;

またまたコメントが3つヽ(-^◇^-)ノ
やっぱりコメントが入ってると書く意欲がアップするのよ♪
そう、アップです。ユーピーです。これからもドンドン入れてあげてくださいな(^.^)b

先日から、かれーらいす氏推薦の歯磨き粉『アセス』を使用している。
コレ、いいですね~♪ 高いけど・・・(T-T)
残りの人生、一回たりとも歯医者に行きたくないので、歯には特に注意を払っている。寝る前は特にイソジンでうがいをして雑菌の繁殖を抑える徹底ぶりだ(^O^)v
一度、アホ歯科医に麻酔ナシで神経を抜かれかけたことがあって、それ以来、私はコイツらが大キライである。アカン、思い出したらマジで腹立ってきた(-_-メ

あのボケェェェッッッ!!!

・・・そんなことが書きたいワケではない。
そう、歯の予防という点で、私が神と崇める人物を紹介したいのである。
その男の名は・・・

ルイ14世

まぁ、簡単に言えば、中世のフランスのエライさんですわ。
この男が凄い!
何が凄いかと言えば、虫歯になることをビビリ過ぎて、歯を全部抜いてしまったのである。
男、イヤ、漢(おとこ)である。
私がこれをマネるにはあと7、8回は生まれ変わらないとムリである。

って言うか、アホだな。コイツ(^_^;
当時は麻酔の無い時代。無麻酔で全部の歯を抜く! ・・・完璧に拷問である(x_x)
当時の文献に「王は10時間もの手術の間、一言も泣き言を言わなかった」とあるが、気絶しとっただけやがな(^_^;

その後、カレは確かに虫歯にはならなかった。しかし、食事はドロドロに煮詰めたモノしか食えず(フランスには原材料がわからないほど煮詰められた料理が多いのはコイツのせいだと言われている)、噛まずに食事を流し込むので、常に下痢。そのせいで、エグイ痔ろうに悩まされ、口も歯槽膿漏でえげつないニオイを放っていたそうだ。にもかかわらず、77歳まで生きたそうだ・・・すごいな(^_^;

う~ん、中途半端にマメ知識をひけらかした結果、また着地点がわからなくなってきた。
え~~~つまりやね・・・

コイツには根性があった!

ハイ、以上!
ザッツ、オ~ル! ・・・(;^_^A

theme : 日記
genre : 日記

食糧危機

曇り。
湿気の多い日は頭イタイのだよ(T_T)

昨日は珍しくコメントが3つもあった\(⌒◇⌒)/
最近は拍手だけの手抜きが多かったので、書く意欲が萎えかけていたところだったのだよ。危ない危ない。

さて、こんなことに浮かれている場合ではない。
皆さん知ってますか? 今年は世界的に農作物にかなりの被害が出てるのを。
原因は世界的な干ばつ・・・もちろんこれもあるが、これは今年に限ってのことで、今、世界ではもっと恐ろしいことが起こっているのだ。

0415hachi1_thumb.jpg


ご存知ですね。ミツバチです。なかなかめんこいヤツです。
スズメバチの前世は絶対ヤクザだが、コイツらは絶対に人の好い奴隷だったに違いない・・・人の好い奴隷て何やねん?(^^;

そんなことはどうでもいい。
今、世界中でコイツらが巣に戻ってこなくなる、集団失踪事件が多発しているのだ。
蜜を取りに巣から出掛けた働き蜂がそのまま失踪。巣に残された女王蜂や幼虫が餓死してしまい、巣が崩壊するという、悲しいことが起こっているのである。
これによって、単に蜂蜜が取れないというだけでなく、蜂を介して受粉を行っている農作物に大きな被害が出ているのである。大変なことやないの。

ナゼにこんなことが起こっているのだろうか?
一説では、携帯電話を始めとする電子機器から発せられる電磁波がミツバチの方向感覚を狂わし、結果として巣から出たまま戻ることができなくなってしまっているのではないかと言われている。

しかし、そんなややこしいことだろうか?

私は単純に
人間が蜂蜜を食べているのを蜂にバレた
と思っている。

ある時巣に戻ってきた蜂が、オッサンが蜂蜜ベローンなめてるのを見て、

蜂:「うそ~~ん!!」

と、ショックを受けたのだろう。で、

蜂:「俺らごっつ損やん!!」

となったのだろう。で、

蜂:「ヤメじゃヤメじゃこんなもん! ボケッ!」

って出て行ったに違いない。いくら前世が人の好い奴隷であったとしても、やはり生まれ変わってまで搾取されるのは我慢ならんかったのだろう。

で、出て行った蜂たちは今頃、

蜂:「ごっつ甘いやん。コレ、ごっつ甘いやん♪」

と蜂蜜三昧の生活を送っているに違いない。

こんなちっこい生き物でもプライドがあって、ナメんなよの何クソ根性を持っていると思うと、人間、もっと謙虚に生きないとあきませんな(^.^)b

うん、今日は何とかギリギリ着地成功(^_^)v
苦情その他があれば、面白おかしく、且つスリリングにコメントに書いといてね(^.^)b ・・・こんなこと書くからコメントくれへんのんかな(^_^;

おやすみ~ん♪

theme : 日記
genre : 日記

サ~モラ~イ!

雨。
苦手である。
頭イタイのだ(T_T)

さむらい・サムライ・侍・・・決して、ジュリーの歌のことではない。
こんな記事を目にしたので、何となく書いてみたくなったのさ。

「坂本竜馬の身長は169センチ、武田信玄は162センチ?」

何か、肖像画なんかで、人物といっしょに描かれている着衣や所持品をヒントに割り出した数字だそうだ。

竜馬169? ・・・ちっちゃ。ワシといっしょやんか(^_^;
180オーバーのイメージがあったのに。いごっそうやと思ってたのに。
まぁ、当時の日本人のサイズから考えると、デカイ方か。少なくとも、竜馬はデカかったはずなのだ。
ってことは・・・他のサムライ達の平均サイズはどんなもんだったのだろうか? 150ぐらいか? かなり貧相だ。せやのにチョンマゲ
チョンマゲて・・・(^_^;

そう、チョンマゲ!

私はこれが不思議で仕方がないのだ。

誰が最初にこの髪型をしたのか?
何でこれがカッコイイと思ったのか?
他のヤツも、何でこれがイイと思ったのか?

タイムマシンがあれば、ぜひとも聞いてみたいものだ。
基本、こんな髪型であるとして・・・

20071106013329.jpg


夏場なんかはマゲを乗せてる部分だけ白くて、周りは日焼けして黒くなったりしただろう。
寝坊して真ん中をツルツルに剃れなかった日もあっただろう。
独身で、剃ってくれる人がいない場合なんかは最悪である。鏡も安全カミソリもなしに、短刀で、自らのカンを頼りに頭を剃らねばならない。それは地獄絵図だっただろう。
そんな苦労を乗り越え、頭を剃りあげて出勤したら、同僚に
あ~坂本はん、また頭からエライ血ぃ出てまんがな!
とか言われて
早よヨメもらいなはれ!
とか言われるのである。
ツライわ~。サムライ。

明治維新後、速攻でチョンマゲが姿を消したのは、やっぱり皆、イヤやったのだろう。どう考えても、ファッション性も実用性も低いもんなぁ。

しかし、力士は今なおチョンマゲだ。意味がわからん。
これでは、競技人口が減る一方である。最終的に、上位力士にのし上がったとしても、その頃には身体はすっかりデブでロン毛で陥没乳首である。
絶対モテへんやん(T_T)

そういや、元チョンマゲの花田勝、離婚の理由について
「(明石家)さんまさんのように生きたい」
だって・・・死んだらええねん。
4人も子供いてる人間のセリフか?
ここの一族、ホンマにイタイね。

結論を言わせてもらえれば、宮沢りえは貴乃花と結婚しなくてホント良かったね(^.^)b
ちなみに、私と貴乃花は同学年。絶対に友達にはなりたくないが。

・・・う~ん、また着地点を見失ってしまった(^^;
疲れてるのだ。うん。
寝よっと♪

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

白帯

  • Author:白帯
  • 大阪在住30代。
    高所恐怖症と記憶力と体力の低下に悩む永遠の学生。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。